MENU

年収1000万円でもアメックス ブラックカードは手に入るのか?

当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事は約20分で読めます。

アメックスHP

「年収1000万円でもアメックス ブラックカードは手に入るのか?」という疑問に、多くの方が興味を持っていることでしょう。アメックス ブラック カードの年収要件は、ステータスと豪華な特典の象徴とされるこのカードを取得する上で重要なポイントです。本記事では、アメックス ブラックカードの年収基準、その他の重要な条件、そしてブラックカードを所有することの実際のメリットについて詳しく掘り下げます。

記事のポイント

  1. アメックス ブラックカードの年収基準はあくまで目安であり、保証されるものではない
  2. 年収だけでなくカードの利用履歴や信用情報も審査に重要
  3. ブラックカード所有者は高年収のビジネスエリートや企業経営者が多い
  4. ブラックカードにはコンシェルジュサービスや高級レストランの優待などの特典がある
記事の結論

アメックス ブラックカードの取得には、年収1000万円以上が目安だが、他の要因も重要。

スポンサーリンク
目次

アメックス ブラック カード 年収の実態

  • ブラックカードとは?最高ランクのステータスシンボル
  • アメックス ブラックカード 年収の推定:1000万円から?
  • 招待制の仕組みと条件:年収だけでは不十分
  • ブラックカード所持者のプロフィール:年収と職業
  • ブラックカードとプラチナカード:比較と選び方
  • どのクレジットカード会社がブラックカードを発行しているのか
  • ブラックカードの年会費:高額だがその価値は?

ブラックカードとは?最高ランクのステータスシンボル

ブラックカードは、クレジットカード界の最高峰に位置する、限られた顧客のみが手にすることができる象徴的な存在です。特に、アメリカン・エキスプレス(アメックス)のブラックカード、正式名称「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」は、最上位のステータスと独特の魅力を持ち合わせています。このカードは、一般的なクレジットカードとは一線を画し、招待制(インビテーション)のみで提供されるため、その所有は極めて限定的です。

アメックスのブラックカードは、高い年会費(例えば、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードの場合、年会費は385,000円にも上ることがあります)と、特別なサービスやプレミアムな特典が特徴です。これには24時間365日対応の専任コンシェルジュサービスや、特定の高級ホテル、レストランでの優待、限定イベントへの招待などが含まれます。また、空港でのVIPトリートメントや、旅行傷害保険、ショッピング保険など、手厚い保障も提供されます。

これらのサービスに加えて、ブラックカードの所有自体が、一定以上の経済力や社会的地位の証明となり、持つことでステータスが示されるという側面もあります。例えば、アメックス・センチュリオンカードは、年収が1500万円から2000万円程度必要とされることもあり、このレベルの収入を有する経営者や高収入の専門職などが主な対象となります。このカードを持つことで、所持者は高い社会的信用度と特別な扱いを享受できるのです。

ブラックカードは、通常のクレジットカードとは一線を画すステータス性を持っており、それは単なる決済手段を超えた、ライフスタイルの一部と言えるでしょう。そのため、このカードを手に入れることは、多くの人にとって夢のような願望であり、ブラックカードの存在自体が一種の憧れを生み出しています。ただし、高額な年会費や限られた条件下でのみ取得可能であるため、ブラックカードは選ばれし少数の人々にのみ開かれた世界です。

このように、ブラックカードは単なる決済手段を超えた存在であり、その所有は限られた層にのみ許された特権と言えるでしょう。高い年収や社会的地位、そしてカード会社との長い信頼関係など、ブラックカードを手に入れるためには多くの要件が必要ですが、それを超えた場合に得られるメリットは計り知れないものがあります。ブラックカードは、クレジットカードの最高峰として、今後も多くの人々の憧れの対象であり続けることでしょう。

アメックス ブラックカード 年収の推定:1000万円から?

アメリカン・エキスプレスのブラックカード、通称アメックスセンチュリオン、は最高峰のステータスを象徴するカードとして広く知られています。このカードの所持に必要とされる年収は、一般的には1000万円以上と見積もられています。ただし、この金額はあくまで目安であり、アメックスは年収だけでなく、他の多くの要素を審査基準に含めています。

アメックスのブラックカードの審査基準は公開されていませんが、通常のクレジットカードよりも厳格であることが知られています。このカードの申込みは、招待制(インビテーション)によるもので、高額な年会費(例えば、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードの場合、年会費は385,000円にもなります)が必要です。また、アメックスは利用者の信用履歴や利用パターン、特に年間の利用額や、他のアメックスカード(例えば、アメックスプラチナやアメックスゴールド)での利用実績を重視します。

高額な年収があっても、カード利用における実績や信頼性がなければ、センチュリオンカードの招待は届かない可能性が高いです。このカードは、単に経済的な余裕を持つこと以上に、継続的な高額のカード利用や責任ある支払い行動を示すことが求められます。

また、アメックスは顧客のライフスタイルや消費行動に基づいて、ブラックカードの招待を検討するとされています。これには、海外旅行や高級レストラン、高額なショッピングなど、高いライフスタイルを持つ顧客への適用が見られます。例えば、アメックスブラックカードを持つユーザーは、年間数百万円から数千万円の範囲でカードを使用することが一般的です。

一般的に、アメックスのような高級カードを持つユーザーは、クレジットカードの利用限度額や保険、コンシェルジュサービス、特別なイベントへの招待など、様々なプレミアムなサービスを享受することが可能です。ブラックカードは、これらのサービスを最上級のレベルで提供し、カード会社との信頼関係を深めるための象徴的なツールとなっています。そのため、アメックスブラックカードの取得は、単なる年収の高さを超えた、深い信頼関係と長期的な顧客関係の証明となるのです。

スポンサーリンク

招待制の仕組みと条件:年収だけでは不十分

アメリカン・エキスプレスのブラックカード、特にセンチュリオンカードの獲得は、単に高年収を持つことだけでは不十分です。このカードの取得は、招待制(インビテーション)に基づき、特定の要件を満たす必要があります。重要なのは、長期にわたる良好な利用実績と、カード会社との信頼関係の構築です。

センチュリオンカードの招待を受けるためには、まず、アメックスの下位カード(例えばアメックスゴールドやプラチナカード)を長期間使用し、特に年間利用額が高いことが求められます。具体的には、年間数百万円から数千万円の範囲の利用が推奨されます。これにより、カード会社は顧客の支払い能力と信頼性を評価し、ブラックカードの招待の資格があるかを判断します。

また、センチュリオンカードの申請条件には、一定以上の年収(一般に1000万円以上が目安とされます)や、安定した職業、勤続年数の長さなどが含まれます。これらは、カード所有者が高額な年会費を支払い続けることができる経済力を持っているかどうかを評価するための基準です。

しかし、これらの基準を満たしたとしても、必ずしもブラックカードの招待が保証されるわけではありません。アメックスは、ブラックカードの招待を出す際に、個々の顧客のライフスタイルや消費行動を総合的に評価します。例えば、海外旅行の頻度、高級レストランやホテルでの予約、高価なショッピングの利用などが考慮されます。これには、コンシェルジュサービスや特別なイベントへの招待、豊富な保険補償など、ブラックカード特有のサービスを最大限に活用する可能性が高い顧客を見極める目的があります。

カード会社は、顧客が高額な年会費を支払ってでもブラックカードのメリットを十分に活用できるかどうかを重視します。例えば、センチュリオンカードの年会費は385,000円と非常に高額ですが、これに見合うだけのサービス(VIP空港ラウンジアクセス、専用コンシェルジュ、高額の旅行傷害保険、一流レストランでの優待サービスなど)が提供されます。そのため、ブラックカードの招待を受けるためには、これらのサービスを積極的に利用し、カードの特典を最大限に活用するライフスタイルが必要とされます。

結論として、アメックスのブラックカード、特にセンチュリオンカードを獲得するためには、単に高年収を持つだけでは不十分です。長期間にわたる安定したカード使用実績、高い年間利用額、そしてカード会社との強固な信頼関係が必要です。これらを兼ね備えた上で、ブラックカードの招待を受けるための資格が与えられるのです。

ブラックカード所持者のプロフィール:年収と職業

ブラックカードの所有者は、高年収という明確な経済的基準を満たすことが一般的です。これらのカードは、特に企業の経営者、上級管理職、専門職などのビジネスエリートに人気があります。彼らは、カードの高額な年会費を支払うだけの財政的余裕を持ち、カード会社が必要とする高い信頼性を備えています。

例えば、アメリカン・エキスプレスのセンチュリオンカード(アメックスブラックカード)の所有者は、一般的に年収が1000万円を超えることが多いですが、実際には年収の下限ははっきりと公開されていません。センチュリオンカードの年会費は約385,000円と高額であり、この費用を余裕で支払えるだけの収入が求められます。

ブラックカード所有者の職業は多岐にわたりますが、特に企業の経営者や上級管理職、医師や弁護士のような高収入の専門職が多いです。これらの職業は、高い収入と社会的地位を持ち、ブラックカードの高級なサービスを最大限に活用することが可能です。例えば、24時間365日対応の専任コンシェルジュサービス、高級ホテルやレストランでの特別優待、国内外の空港ラウンジへの無料アクセスなど、ビジネスやレジャーでの多忙な生活をサポートする豊富なサービスを提供しています。

また、ブラックカード所有者は、一般的な消費者とは異なる消費パターンを持っています。彼らは、高価な海外旅行、高級レストランでの食事、高額なショッピングなど、ラグジュアリーなライフスタイルを楽しむことが多いです。これらの高額な支出は、ブラックカードに関連する高額なポイント還元や特典によってさらに価値が高まります。例えば、一部のブラックカードでは、利用額に応じてポイントが加算され、これらのポイントは航空券やホテルのアップグレード、高級ブランド商品への交換などに使用できます。

結論として、ブラックカードの所有者は高い経済力と社会的地位を持つビジネスエリートが多く、彼らはカードの提供する豊富な特典とサービスを最大限に活用しています。ブラックカードは単なる支払い手段ではなく、所有者のライフスタイルそのものを反映し、高級なサービスで彼らのビジネスやプライベートライフをサポートしているのです。

スポンサーリンク

ブラックカードとプラチナカード:比較と選び方

ブラックカードとプラチナカードは、クレジットカードの世界において、それぞれ高いステータスを象徴するカードですが、両者の間には明確な違いが存在します。ブラックカードは、その希少性と独特のサービスにより、クレジットカードの中でも最高峰の位置を占めています。対してプラチナカードは、より多くの人々にアクセス可能な高級カードであり、ブラックカードへのステップアップとして位置付けられることもあります。

プラチナカードは、年会費が数万円から数十万円程度で、比較的高い年収を持つ個人やビジネスプロフェッショナルに人気です。一方でブラックカード、特にアメリカン・エキスプレスのセンチュリオンカードやJCBのザ・クラスなどは、これらのプラチナカードよりもさらに限定された顧客層に向けて提供されます。例えば、アメックスのセンチュリオンカードの場合、年会費は約385,000円にも上り、年収だけでなく、アメックスの他のカードでの利用実績が重視される傾向にあります。

ブラックカードとプラチナカードの主な違いは、提供されるサービスと特典のレベルにあります。ブラックカードは、プライオリティ・パスやコンシェルジュサービス、高級ホテルやレストランでの優待、特別なイベントへの招待など、より独占的で豊富な特典を提供します。これに対してプラチナカードでは、通常のラウンジアクセス、旅行保険、ポイント還元率の向上など、豊富ではあるものの、ブラックカードほどの独占的な特典は提供されません。

ブラックカードを選ぶ際の考慮点として、カードの年会費とそれに見合う特典の利用可能性が挙げられます。例えば、頻繁に海外旅行をする、高級レストランを利用する、特別なイベントに参加する機会が多いなどの場合は、ブラックカードの高額な年会費も十分に元が取れる可能性があります。一方、プラチナカードは比較的手頃な年会費で、旅行保険やラウンジアクセスなどの特典を提供するため、普段の生活やビジネスでの利用に適しています。

ブラックカードとプラチナカードの選択は、個人のライフスタイル、年収、利用する特典の種類と頻度によって異なります。ブラックカードは、より独占的で豊富な特典を求める高いステータスの顧客に向けているのに対し、プラチナカードは幅広い顧客層に適した高級カードと言えるでしょう。それぞれのカードの特徴と提供されるサービスを理解し、自分のライフスタイルやニーズに合わせた選択をすることが重要です。

どのクレジットカード会社がブラックカードを発行しているのか

ブラックカードは、その独特の地位と特典から、限られた数のクレジットカード会社によってのみ発行されています。代表的なブラックカードを発行している会社には、アメリカン・エキスプレス(アメックス)、JCB、マスターカードがあります。これらのカードは、それぞれ異なるサービスや特典を提供し、独自の対象顧客層や利用シーンに合わせた魅力を持っています。

アメリカン・エキスプレスは、そのセンチュリオンカード(通称アメックス・ブラックカード)で知られています。このカードは、特別な招待制で提供され、約385,000円の年会費が必要です。センチュリオンカード所有者は、専任コンシェルジュサービス、高級ホテルやレストランでの特別待遇、限定イベントへの招待などの豪華な特典を享受できます。

JCBは、日本国内で高い評価を受けているカード会社で、ザ・クラスというブラックカードを提供しています。JCBのザ・クラスは、日本国内での利用に特化した特典やサービスを提供し、国内外の空港ラウンジアクセス、ホテルやレストランでの優待サービスなどが含まれます。

マスターカードは、世界的に広く認知されているカードブランドで、ワールドエリートなどの高級カードを提供しています。これらのカードは、高額な旅行保険、VIP空港ラウンジアクセス、高級ホテルでの特別サービスなど、グローバルな利用者に合わせた特典を提供しています。

これらのブラックカードは、高年収のビジネスエリートや企業経営者、専門職など、経済的に余裕がある顧客層を対象としています。ブラックカードは、高額な年会費と限定的な発行を通じて、独特のステータスとプレステージを提供し、所有者には特別なサービスと優待を享受する機会を提供しています。

ブラックカードの年会費:高額だがその価値は?

ブラックカード、特にアメリカン・エキスプレスのセンチュリオンカードやJCBのザ・クラスなどは、その年会費の高さで知られています。年会費は数万円から数十万円にも上ることがあり、例えばアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードでは約385,000円という高額な年会費が必要です。しかし、この高額な年会費は、他のカードでは得られない豊富なメリットと特別なサービスを反映しています。

ブラックカードの所有者は、専任のコンシェルジュサービス、高級ホテルやレストランでの特別な待遇、限定イベントへの招待など、高級なライフスタイルに相応しいサービスを享受できます。たとえば、コンシェルジュサービスでは、飛行機のチケット予約や高級レストランの予約、特別なイベントの手配など、所有者の日常生活やビジネスニーズに応じた幅広いサポートが提供されます。

さらに、ブラックカード所有者は、航空会社のファーストクラスやビジネスクラスのアップグレード、世界中の空港ラウンジへのアクセス、旅行傷害保険やショッピング保険など、旅行中にも多くの利点を享受できます。これらの特典は、ビジネスやレジャーで頻繁に旅行する人々にとって特に価値があります。

このように、ブラックカードは、高額な年会費に見合う特別なサービスと特典を提供し、特に経済的な余裕があり、特別な待遇を求める顧客に適しています。ブラックカードの年会費は高額ですが、提供されるサービスと特典の価値を考えれば、それに見合うものと言えるでしょう。

スポンサーリンク

ブラックカードを目指す方法

  • ブラックカードへの道:ステップアップするカード選び
  • 年収1000万円でもブラックカードは手に入る?
  • ブラックカードの招待を受けるためのコツ
  • 年収が高いだけでは不十分:必要な条件とは
  • ブラックカードへの招待獲得:実用的なアドバイス
  • ブラックカードに近づくためのカード利用戦略
  • ブラックカード保有者の口コミ:実際の体験談

ブラックカードへの道:ステップアップするカード選び

ブラックカードへのランクアップを目指す場合、最初のステップとしてゴールドカードやプラチナカードなどの高ランクカードの利用が鍵となります。これらのカードは、ブラックカードと比べると手に入れやすく、それでいて多くの特典とサービスを提供します。

たとえば、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードやJCBプラチナカードのようなカードは、ブラックカードに近いサービスを提供しつつ、比較的アクセスしやすい価格帯に設定されています。これらのカードを利用することで、カード会社との良好な信用関係を築き、信頼性の高いカード利用者としての評価を得ることができます。

また、プラチナカードの利用者は、空港ラウンジのアクセス、旅行保険、ホテルやレストランでの特別待遇など、高級カードならではの特典を楽しむことができます。これらの特典を積極的に利用し、カードの利用実績を積み上げることが、ブラックカードへの招待につながる可能性があります。

さらに、プラチナカードの利用者は、しばしば高額なショッピングや海外旅行などを行うため、これらの活動を通じてカード会社に自身の経済的な能力と信頼性をアピールすることができます。これらの要因は、ブラックカードの招待を受けるための重要な基準となります。

結論として、ブラックカードへの道は、高ランクのクレジットカードを利用し、信頼性と利用実績を積み重ねることから始まります。これにより、カード会社に対して、ブラックカードのメリットを最大限に活用できることを示すことができるのです。

年収1000万円でもブラックカードは手に入る?

年収1000万円は、ブラックカード取得のための一つの目安とされていますが、これだけでは必ずしもブラックカードの取得が保証されるわけではありません。カード会社は、年収だけでなく、利用者の信用履歴やカードの利用パターンにも重点を置いています。

例えば、アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードやJCBのザ・クラスなどのブラックカードでは、顧客が定期的に高額な支出を行っているかどうか、また、過去に金融事故を起こしていないかなどが重要視されます。これらのカードは、単に高い年収の人々に向けているだけでなく、信用情報や利用履歴が良好で、かつ、高級なライフスタイルを送っている人々に限定されています。

例えば、年収が1000万円を超える経営者や専門職の中には、ブラックカードを保有している人もいますが、彼らは高額な年会費を支払い、豊富なカード特典を積極的に活用しています。これには、高級ホテルやレストランでの特別待遇、専任コンシェルジュサービス、空港ラウンジへのアクセスなどが含まれます。

したがって、年収が1000万円を超えることはブラックカード取得のための基本条件の一つではありますが、カード会社はこれに加えて、顧客の信用度やライフスタイル、利用実績を総合的に評価します。これらの条件を満たすことで、ブラックカードの招待を受ける可能性が高まります。

スポンサーリンク

ブラックカードの招待を受けるためのコツ

ブラックカードの招待を受けるための重要なポイントは、一つのカードを長期間使い、高い年間利用額を記録することです。これにより、カード会社に対して、安定した支払い能力と信頼性を示すことができます。また、支払い遅延や金融事故を起こさないことも、ブラックカードの招待を受けるためには不可欠です。

たとえば、アメリカン・エキスプレスのプラチナカードやゴールドカードなどの高ランクカードを長期間にわたって利用し、毎年数百万円以上の支出を行うことが、ブラックカードの招待への道を開く一例です。このような利用実績は、カード会社に対して、ブラックカードに見合うライフスタイルを送っていることを示します。

また、カードの利用履歴が良好であればあるほど、カード会社からの評価も高くなります。これには、定期的なカードの利用、期限内の全額支払い、高額なショッピングや海外旅行でのカード利用などが含まれます。これらの行動は、カード会社に対して、高い信用度と経済的な安定性を示し、ブラックカードの招待の可能性を高めます。

年収が高いだけでは不十分:必要な条件とは

ブラックカードの取得には、高年収という条件だけでは不十分です。カード会社は、高い年収に加えて、長期間にわたるカードの利用実績や信用情報の良好さを重視します。これには、定期的なカードの使用、期限内の全額支払い、高額な支出の記録などが含まれます。

たとえば、年収が1000万円を超える人でも、信用情報に問題がある場合やカード利用履歴が不十分な場合は、ブラックカードの招待を受けることは難しいです。カード会社は、ブラックカードの所有者がカードの特典やサービスを適切に利用し、年会費に見合う経済的な能力を持っているかどうかを評価します。

また、ブラックカードの所有者は通常、ビジネスクラスやファーストクラスでの航空券の購入、高級ホテルやレストランでの頻繁な利用、高価なショッピングやエンターテインメントへの支出など、高級なライフスタイルを享受しています。これらのライフスタイルは、ブラックカードの特典やサービスを最大限に活用するための重要な要素となります。

結論として、ブラックカードの取得には、高年収に加えて、安定したカード利用実績、良好な信用情報、そして高級なライフスタイルを送ることが求められます。これらの要素が組み合わさることで、カード会社は顧客のブラックカードの招待を検討します。

ブラックカードへの招待獲得:実用的なアドバイス

ブラックカードの招待を獲得するためには、日常的なカード利用を積極的に行い、高い利用額を記録することが非常に効果的です。カード会社は、カードの利用頻度と利用額を重要な指標として考慮します。これは、ブラックカード所有者が経済的に余裕があることを示し、高級なサービスや特典を利用する可能性が高いことを示唆します。

例えば、アメリカン・エキスプレスのプラチナカードやJCBのゴールドカードなどの高ランクカードを利用して、年間数百万円以上の支出を行うと、ブラックカードの招待を受ける可能性が高まります。これは、カード会社に対して、高額な年会費を支払う能力と、ブラックカードの特典を十分に活用する意向があることを示します。

また、カードの支払いを常に期限内に完了することは、良好な信用履歴を維持する上で不可欠です。信用情報が良好であれば、カード会社は顧客を信頼し、高級なブラックカードを提供することに対してポジティブな印象を持ちます。これには、定期的なクレジットカードの利用、期限内の全額支払い、金融事故の回避などが含まれます。

結論として、ブラックカードの招待を獲得するには、高額な支出と良好な信用履歴の維持が鍵となります。これらの要因は、カード会社に対して、経済的な余裕と信頼性を示し、ブラックカードの特典を享受する資格があることを証明します。

スポンサーリンク

ブラックカードに近づくためのカード利用戦略

ブラックカードに近づくための戦略として、高いクレジットリミットのカードを選び、大きな買い物や旅行、高級レストランでの食事などでカードを利用することが有効です。これにより、カード会社に対して高い利用実績をアピールでき、ブラックカードの所有者としての資格があることを示します。

たとえば、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードやJCBプラチナカードの所有者が、高級ホテルやレストランでの支出、国内外の旅行でのカード利用を積極的に行うことで、カード会社は顧客の経済的な能力とライフスタイルを評価します。これらの行動は、ブラックカードの特典を活用し、その高額な年会費を支払うことができる可能性を示唆します。

高いクレジットリミットのカードを持つことは、ブラックカードへのステップアップの過程で重要です。これは、カード会社に対して、高いクレジットリスクを管理できる能力があることを示します。例えば、年間数百万円以上のカード利用を行うことで、カード会社はその顧客がブラックカードに相応しい経済力を持っていると判断する可能性が高くなります。

ブラックカード保有者の口コミ:実際の体験談

実際のブラックカード保有者からの口コミでは、多くの場合、カードの豊富な特典やサービスに対する満足の声が多く聞かれます。特に、専任コンシェルジュサービスや限定イベントへのアクセスは、他のカードでは得られない特別な体験として高く評価されています。

例えば、アメリカン・エキスプレスのセンチュリオンカード所有者は、専任コンシェルジュが手配する高級レストランの予約や特別なイベントへの招待など、他のカードでは提供されないサービスを楽しんでいます。これらのサービスは、所有者に独特のライフスタイルと優越感を提供し、ブラックカードの高額な年会費を正当化しています。

しかし、一部の保有者からは、年会費の高さや利用頻度に応じたコストのかさみに関する指摘もあります。たとえば、年会費が数十万円にも上るブラックカードは、それに見合うだけのサービスを利用しない限り、コストパフォーマンスが低いと感じることがあります。これは、ブラックカードを所有することのメリットとコストを天秤にかける際の重要な考慮点です。

アメックス ブラックカード 年収 まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • アメックス ブラックカードは招待制であり、高いステータスと限定性が特徴
  • 年収1000万円以上がブラックカード取得の目安だが、保証されるわけではない
  • カード会社は年収だけでなく利用者の信用履歴や利用パターンも重視
  • ブラックカード所有者は高年収のビジネスエリートや企業経営者が多い
  • ブラックカードの特典にはコンシェルジュサービスや高級レストランの優待が含まれる
  • 年会費は数万円から数十万円で、提供されるサービスに見合う価値がある
  • ブラックカードを目指すにはゴールドやプラチナカードの利用が有効
  • カードの招待を受けるには高い年間利用額と良好な信用情報が必要
  • ブラックカード取得のためには高年収に加えて長期間の利用実績も重要
  • ブラックカード所有者の口コミでは特典やサービスの高い満足度が表れている
スポンサーリンク
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次